平日は相変わらず仕事が…、です(時候挨拶)。いちど暖かくなってしまったせいか、かるく風邪までひいたらしく、もうわやですわ。

さて、「まんがタイムきらら」にて連載されているこの作品。私は、最近になって鷹尾さんが登場したあたりから注目して読んでおりますが、最初のころはどんな作品だったんじゃろ…? と思い、ためしに一巻を買ってみました。
いやよくよく読んでみると、序盤からこの作品面白いですよ。主役のこくりさんは最初からそこはかとなくエロスなフェロモンを出してるし。別にそういうキャラクターにすることを狙っていたわけではないのかもしれないですが、でもエロい。フェロモンむんむんなキャラも好きだけど、こういうキャラもいい。
でも中はきつねさんなのだけども(笑)。時々出てくるこのきつねさんもかわいいです。しかしこのこくりさんの「化け様」というのは、『オバケのQ太郎』のオマージュなのだろうか…。

色気がないようでじつは有るあんずさんは、色気よりも天然印なボケ担当&眼鏡フェチとしての高い能力? を発揮してます。眼鏡が出てくるとひたすらボケ倒しですよねこの娘は。
そしてあんずさんの同級生である綾乃さんは、男の子っぽいキャラというわけでもない(髪もきれいそうで長いし)けど、なにか中性的なキャラの魅力がありますな。でもメイド服もぴたりはまるところが奥深い。

そして途中から登場する保健室登校の春香ちゃんは、一見ちょっとさえない保健室の先生にラブラブ(?)で、気を引くために保健室で体操服にブルマを着てみたりするわけさ。その場面の画の構図もあからさまにエロい。あからさまに記号的エロス担当だったりするのだけれど、それがたまりません。そんな立ち位置のわりに、保健室にいるメンツのなかでは頭がよさそうなほうに見えるのはなぜでしょう(笑)。
お正月にカレー(おせちなし!)というのも、意外性があっていいと思いますよ?

早いところ続きも買ってこようっと。