voyager_2

日記といふもの

日々どうでもいいことを書き連ねて「いきたい」日記帳です。 最近はTwitterに逃避しがち。良ければそちらもよろしくです。

天野浩成さん

18 6月

天野さんのポスターが届きました

e67b8361.jpg


エイベックスポイントクラブのポイント交換特典になっていた、天野浩成さん『ANOTHER』の店舗告知用ポスターが届きました。
ポイントは忘れないように貯めてたのですが、ようやく使うことができてよかったです。

「非売品」とはなっていましたが、一部販売店では購入時特典で配布してたものではないかなと思いますけど…。
1d26fb85.jpg

13 2月

bayfm『しあわせ78』100回記念・公開録音

お友達が招待券を当ててくれて、行くことができました。

bayfmのサテライトスタジオ、『スタジオマリブ』は、いたって普通のビジネスビルにある、普通のオフィスのようなたたずまいのところにあって、同じフロアの部屋はみんな普通の会社だし、スタジオ入口の扉にも、書かれているのは会社名だけ。
本当に、ここに当選した人全員が入れるのかと、たいへん不安に。
前もってbayfmに問い合わせて、当選した人全員分の座席は用意してますので…、とは聞いていたのですが。

で、結局来た人は100組、200人弱くらい? でした。
2000通超の応募があったということなので、20分の1の抽選倍率だったということになります。パーソナリティの酒井道代さんも、このことをトークでかなり前面に出されてました。
天野さんとのトークでも話題にされて、天野さんもびっくりされてましたけど。

まず天野浩成さんが前半ゲスト(2月18日・25日 20:42?放送予定)。
登場される前から、まず酒井さんが「控え室でお会いしましたが、天野さん、ほんっといい男ですね?」と軽く前フリ。
そして、番組パーソナリティの小俣和子さん(『しあわせ78』の番組スポンサー・「銀座まるかん」の斉藤一人【ひとり】氏のお弟子さんとのことらしい。2月13日はお誕生日。みんなで『ハッピーバースディ』の歌をうたってお祝いしました)・さいとういんこさん(「大昔はバンドやってました」とのこと。「カルマカード」というカードで未来を占う)とパーソナリティ3人がそろったところで天野さんが登場。天野さんの髪、また伸びてました。

天野さんが登場すると、小俣さんが受けたインパクトはすごかったようで、しょっぱなから天野さんにメロメロ(笑)。
小俣さんから出た言葉が、「私の下の息子は天野さんの歳に近いのですが、もう息子よりもぜんっぜん美男子ですねえ…」とうっとり。
そりゃ真実かもわからんけど、息子さんかわいそう。そしてひどいお母さん(笑)。
ともかく、3人とも天野さんに夢中になってくれて、積極的に絡んでくれるので、話が途切れなかったです。

ラジオなので、今回のトークは歌手としての天野さんの話題が中心。
今回は、収録中のどこまでが収録されて、どこからが収録されないトークなのかかが分かりづらい収録でした。
コーナーの切れ目で天野さんの曲(『A day in the life』)がかかると、(素に戻って)しゃべるのを一瞬躊躇する天野さん。
「しゃべると収録されちゃうかなって」
状況把握はこちら側と同レベルか(笑)!

歌のこと
「演技に比べて、やっと歌えるようになりました」だったかな(歌うことに慣れてきた、という意味か)。

今年は雪が多いですが、スキーとかは?
「行けてないですね。忙しいけれど、それ以上にタイミングが合わない」

旅行が趣味、ということで
「最近はオランダに(昨年ですね)。アジアには行ったことがないので行ってみたい」
小俣さん、さいとうさんから、「アジアいいですよ?」と
「みんなそう言いますね」

天野さんがアジアに行ったことがないというのは、個人的にはちょっと意外。

想い人に思い切って告白したいのですが、勇気がわかない。どうすればいいか、という悩みに
「告白したほうがいい。やってする後悔より、やらないでする後悔のほうが、後に引きずるから」これには小俣さんも同感だったようで。

とまあ、こんな感じで、なかなか面白いトークが約30分強。よかったです。

小俣さんは、後半収録の杉山清貴さんゲストの収録(3月5日・12日放送予定分)が終わった後のトークでもメロメロでした。

おまけ

その杉山清貴さんのトーク。
最近は主にハワイで生活される杉山さん、「ハワイに戻られて、何か食べるものはありますか?」という質問に。
「ハワイの美味い藪蕎麦がのお店がなくなってしまったという話を聞いて、落胆してます」
蕎麦好きの杉山さん、日本ではもちろん、ハワイでもいいおそばが食べたいのだそうで、究極は自ら手打ちか、という話になってました。
ていうか、なぜハワイまで来て蕎麦なんだろう…。

21 1月

恋するハニカミ

このカテゴリーで書きこむのもひさしぶりですが(汗)、

観おわってすぐの感想をいうと…

なんか、ラブラブなデート、つーよりは、
友情デート? って感じで(笑)。

天野さんとソニンさん、合流したとき二人ともかなり緊張気味にみえたんですが、象に乗って、一気に打ち解けてました。天野さんの高所恐怖症のおかげでもありますが(笑)。
しかし、天野さんっていろんな恐怖症のツボもちですねえ…。
そういえば、ここのところで天野さんが一度、象のことを「ぞうさん」って呼んでいたのがすごく印象的でした。

車を運転するときはメガネですか…。車を運転する天野さんを見れるというのは、かなり珍しいと思いますねえ。
この車中だったか、一瞬止めた画面で、いい角度のメガネ天野さんが写ってたところがあって、これは編集さんGJ! に思いました。

あと最後の、夜の砂浜でソニンさんが歌う、韓国語の『I LOVE YOU』、天野さんが好きな歌ですものねえ。
リサーチしたのかどうかわからないけど、これも天野さんにとってはよかったんではないかなと。


ところで、来週登場する、天野さんが紹介した「24歳、スポーツ万能」の男性って、吉田友一さんっぽいんですけど、あってるのかな?

17 12月

『Live DEPT.4 #5』

2週間のごぶさたでした(汗)。
まずは空いているところを少しずつ埋めていければ。
ネタはあるので…。

さて、15日のFM FUJI公開放送(後日書きます)と、16日の『Live DEPT.4 #5』 と、天野浩成さんのご登場を観に、連日行ってきました。

今日のライブ、後半に登場された天野さんが歌ったのは、
『希望ヶ丘』、『A day in the life』、『DEPARTURE』の順に、3曲。

最初の『希望ヶ丘』では、天野さんから、明らかに心の緊迫感が現れすぎてる感じで(苦笑)、うーん、大丈夫か? と思いましたが、歌うたび、「緊張します」と天野さんがおっしゃるわりには、歌がすすむうちに良くなってきたと思います。
私は、『A day in the life』がいちばんよく歌えていたと思うのですが。

そして、ライブだと司会者がいないからな…、と私はライブ前から思っていたのですが、やはりトークが大変なことに(笑)。
いつも登場されるようなイベントだと、天野さんの取りとめないトークをいなしてくれたり、ツッコミを入れてくれる司会の人がいますが、天野さんが話しだすと、まとまらないことまとまらないこと。
あえて冷静な眼で書きますと、周り(今回の場合は客席も)に対する目と耳が行き届きすぎてて、客席から入る声にはかならず反応してしまいますし、『デザイナー』ネタも、『DEPARTURE』のPV撮影のときのNYネタも、何度か語られているわりには止まらないんですよこれが。

そういえば、NYつながりで、同レーベルの浜崎あゆみさんが同じくNYでPVを撮られていたのを見た天野さんが、「(浜崎さんのPVで使われた)この道、うちらも通ったよな、うちらは歩いてたのに、浜崎さんは車乗ってるよ、やっぱり浜崎さんはすごいなあ、と思いました」と言われたのを聞いた、天野さん専属(今日だけ?)ギタリスト兼、『Live DEPT.4 #5』オープニングナレーション担当兼、エイベックス第4製作部部長代行(代理?)さまが、「それは会社への批判ですか?」と、一発冗談を飛ばされて、天野さんも、「いやいやいやいや(違いますよ笑)」という感じでした。
そう、今回は、第4製作部部長代行さま(才人ですね)が、天野さんのステージの上では、ギター兼、トークのお相手という感じでしたが、さすがに天野さんのトークのお守りは、荷が重かったかも(笑)。

でも、今回の天野さんステージのギターをやってほしいと、会社のかたから特に頼まれたらしいので、そういう偉い人をつけて下さるのは、いろんな意味で期待されてるのかなと思いました。

あと、髪を短くされて、また印象が変わった天野さん(私は、「うーん、狼って感じ?」 と思いました)ですが、この日の朝早くまでお仕事(映画、とまでは書いていいのかな? 今のところは、天野さんの口から言えるのはジャンルまでのようです)だったそうです。ってことは、公開生放送のその足で、撮影だったのか…。それからちょっとは寝て(眠ったと思いたい)、またライブ…!?

ライブ終了後は握手会。
正直、そんな狭い空間でやるのか、って感じの、ルイードのロビーでの握手会でしたが、天野さんのファンが一番たくさん来てたんだなというのが一目瞭然でした。
こんどは、もうちょっと緊張しないでやりましょうや>天野さん
12 11月

『山手線デス・ゲーム』DVD発売記念イベント

417c9439.jpg

池袋の『テアトルダイヤ』、行ってきました!
(結局、仕事は休みました【爆】)

昼間からくもりがちで、外は寒かったですが、並び列の場所が地下にある劇場への階段になっていたため、寒さをしのげたのは有難かったです。

ad2773d1.jpg

山手線だけに? (笑)
整理券の回収はしないということで、現物も手元に残りました。スタッフさんGJ!

今回は、これまでのmin.jamさんのイベントからすると、ちょっとゴタつき感のあるイベントだったかもしれません。
入場する前から、報道関係・イベント関係者席と一般の席が分かれていることと、その区分けについての説明はあったのですが、劇場内に入ってみると、中では、貼り紙等で区分けされているわけでもなかったので(イベント入場開始10分前まで一般の上映があったためでもあると思いますが…)、どこに座ればいいのか、座っても、そこに座っていていいのかがわからず、ちょっと不安な出だしでした。

でも、トラブルになる様子もなく、入場からそれほど時間をおかずにイベント開始。
今回は、各所で案内されていたとおりの方々が舞台上にそろいました。

天野浩成さんさんと桃生亜希子さんのお二人が、揃って、「撮影の日程がきつかった…」とぼやかれていて、でも反面、「増本庄一郎監督とのやり取りが楽しかった(天野さん)」、「駅ごとに変わる敵役の出演者さんが面白かった(桃生さん←撮影中に「遊園地みたいで楽しい」と言っていた:増本監督談)」と語っていたのが印象的でした。
あと、さすが天野さんというか、撮影日数をまったく覚えてなかったり(「5日だっけ?、6日だったっけ?、7日だったっけ?」みたいな感じで)、人の名前を覚えてない(けっこう長い時間共演された、金成公信さん【ハローバイバイ】と今日久しぶりに会って、名前を間違えたらしく…)とか。
しまいには、増本監督に「もう、そのへんには触れんといてやって!」と、イジられてフォローされてました。

そして、メイン企画というか、サプライズで、天野さん、金成さん、西尾季隆さん(X-GUN)のお三方が、桃生さんとのアドリブ付き恋愛ショートコメディドラマ(実はショートコント?)で対決! という企画が。
対決の審査員は、増本監督と山口雄大監督(『魁!! クロマティ高校THE MOVIE』の監督)に、板尾創路さん(130R)。優秀者には、増本監督・山口監督の次回作の主演の座をというもの。
ちなみに、増本監督は次回作の撮影未定、山口監督は現在コメディを撮る予定なしとのことでした(笑)。

3番手の登場が天野さんだったのですが、ここでアドリブを! というところで、「ここでアドリブなんですよね? どうしたらいいんだろう… だれか助けてください」と、いつものイベントトークの感じで泣きを入れつつ天野さんが言うと、『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌が流れだし、結局一番ウケてしまいました。
結局、天野さんの勝利で終わったのですが、ひねったアドリブを考えた西尾さんが不満そう。
天野さんも、「西尾さんがいちばん面白かったです」と言いだす始末。
これには西尾さんが、「(天野さんに)そう言われるのが逆にへこむ」という感じに、逆ギレ気味で返してました(笑)。

ていうか、天野さんのショートドラマからのこのやりとり、ぜったい作ってるでしょ!


という感じの、なかなか明るく笑えるイベントでしたが、上映も含めて、終わってみればいいイベントになったのではないかなと思います。

本編も、配信版では入っていなかった字幕が入ったりして、バージョンアップしているようです。
発売(11月25日)&レンタル開始をお楽しみに!


3 11月

『ちちんぷいぷい』今日のダレ? 天野浩成さん

関西のお友達に録画していただいたのを観ることができました。

関西ローカルの番組ということで、なんかスタジオの雰囲気も関東発の番組とは違うような。
何が違うとは具体的に言えないのですが、なんか、ラジオの雰囲気をそのままテレビに持ち込んでいるような。

司会の角淳一さんが、画面に出ているスタッフさん(天野さんにインタビューした人?)のメッセージを見ながらトーク。「イケメン登場!」なんて言われてましたが、そもそもこのコーナー、イケメン出まくりなのではないかと(笑)。そんなコーナーで、さらに「イケメン」強調してくれるのはうれしいですね。
天野さんを指して、するどく、「昼ドラ出てる人?」と言っていた女性が、千堂あきほさんだと、後から知ってびっくりでした。

天野さんは、2年半前にも「今日のダレ?」にご登場でした。VTRに入る前に『GOOD LUCK!!』の時の写真が出ていたのですが、天野さん小っちゃすぎです!
もう少しまともな写真を持ってきましょう(笑)。

そんなこんなでインタビューVTR がスタート。
妙に角さんを意識した構成になってました。
天野さん、やけに緊張されているような。

天野さんが大阪生活で思い出深い場所として挙げられてたのが、よく食事をされていた西九条の串かつやとのこと。
どうでもいいのですが、関西ローカルの番組で、下北沢や中目黒を引き合いに出しても、視聴者は分かってくれるのでしょうか(笑)。
まあ、関東側としても、西九条といったら、交通科学館?(関西版の交通博物館)になっちゃうので、あれですが。

あと、最近のこだわりとして、「洗剤」を挙げられてたのですが、天野さんって、面白いところにこだわりを持つんだなと。
洗濯物の種類に応じて使う洗剤を変えるのだそうですが、普通、そこまではしませんって。
だいたい使う洗剤って一種類(少なくとも私はそう)で、あと、柔軟材とかをつかっていれば十分いいほうだと思います。
やはり、天野さんって、よく分からないけどすごいところがある人だと思いました。

インタビュアーのスタッフさんの、天野さんへ向かう雰囲気ががらっと変わったようなような気がしましたし、スタジオの角さんも、南海キャンディーズのお二人も、「何者!?」という目に変わったように思います。

あと、なくすと困るものということで、家族、お母さんと挙げられてました。
お母様と話すことは少ないということですが、天野さんって、ことあるごとにお母様や妹さんの話題をされているように思うので、本当に心の繋がりが強いのだと思います。
『TBS感謝祭』については、また出るときにがんばりましょう。

でも、こういう番組の雰囲気っていいですね。
TBSさん、関東で『ちちんぷいぷい』ネットしませんか?

…オチがそれか。
でもけっこう本気で。どうせその時間は、1時間ドラマと昔の『水戸黄門』の再放送なんだし。
3 11月

今日の『デザイナー』は

『貞操問答』の後は、もちろん『デザイナー』。

しかし、最近の明くんのへこみ方(今日は、「しぼんでる、しぼんでるよー!」と思いました。)はやばかったです。
ありさに謝ることができても、そのありさから勝手に突き放されちゃったら、立つ瀬がないしねえ。
せめて、恨み言のひとつも言ってくれれば。

と、そんな明くん。
ごろつき記者をぶん殴ってストレス発散(違)、記者の魔の手から亜美を守り、さらに亜美のために資料を持ってきてあげたりと、亜美のために大活躍じゃないですか。
この事件で、憑き物が取れてくれたらいいんですが。

ところで朱鷺さん。
あのごろつき記者はいったいどうしたんですか?


まさか…?
2 11月

『山手線デス・ゲーム』DVDリリースイベント決定!

&DVDは11月25日発売予定です

…と、DVD発売のニュースを書く前に情報が入ってきちゃいましたが(汗)、
11月11日(金)、池袋の「テアトル池袋」(「テアトルダイヤ」とのこと。サンシャインシティに近いほうの映画館ですね)にて、min.jam製作・天野浩成さん主演の『山手線デス・ゲーム』のDVDリリースイベント開催が決定しました!

じつは先週の横浜でも、映画館前での待ち列では、ほんとにイベントやるのか? って話でもちきりでしたので。
増本庄一郎監督と、もし天野さんが出られるのであれば(増本監督以外はまだ決定ではないんですよね、おそらく)、私にとっては、お二人を見た回数のわりには初顔合わせ。

お二人が主演・助演で絡まれてる、『HAPPY BIRTHDAY』も静かに人気を博してますが、天野さんの「初主演」はこちらの作品なわけで。
かなり、楽しみです。
確実に観るために、仕事を早引けしてこようかと算段しはじめてます。なにせ池袋、自宅からは徒歩圏内だし。肝心の仕事場が遠いんだけど(泣)。

この秋は、地元でいろいろやってくださって嬉しいですわ。
31 10月

先週の『デザイナー』(不完全版)

土曜日の反動か、銀座に行った以外は、かなりどんよりと過ごした日曜日。
ほかに行こうと思ったところはどこにも行かず。
デザイナー』の先週分(15?20話)もまだ追いきれてないんですが、とにかくこれだけは語りたいと思うところだけ。

前回、国本綾さん演じるありさが、天野浩成さん演じる明くんを愛するようになるきっかけが、私には見えていなくて、なんか唐突だなと思っていたのですが、今から思うとなんかこう、14話あたりから、ありさが「変貌」していってるような感じに見えてます。
14話のラスト、明が亜美に想いを告白&抱擁しているのを、ありさが離れたところから、ナゼミテルンデス!?(笑) てな様子で、嫉妬にもだえながら眺めてたあたりから雲行きが怪しくなってるなあと。ヤバイ、あれはヤバイ。

んで、19話では原作にも描かれた場面ですが、
明がありさに、「いまの俺は君に何をするかわからない…」と言う場面があります。
二人きりの明の部屋でそのセリフを言った原作とは違い、ドラマでは、バーカウンターで言っていたのですが、場所変更にどういう意図があったのかはともかく、場所を変えて、セリフがよりエロく聞こえてしまったのは気のせいでしょうか。
観たときは、「ああもう、人目がありそうなところでそんなエロいこと言うな!」と思ってました。

それでまあ、 続きを読む »
29 10月

『HAPPY BIRTHDAY』初日舞台挨拶

aedbea32.jpg

天野さんが主役を演じたWEBムービー、『HAPPY BIRTHDAY』の公開初日舞台挨拶&本編を観てきました。
横浜「シネマ・ジャック&ベティ」。
今日は恐ろしく早い時間に起きられた(ま、目覚ましは掛けといたんですけど【笑】)ので、朝5時半に自宅最寄り駅を出て、京急線の黄金町駅(横浜市中区)には6時45分ごろ到着。
途中の品川駅から、京急線で運行中の「ブルースカイトレイン」の特急に乗れたので、写真を撮っておこうと、携帯カメラで連続撮影に挑戦したのですが、失敗。
一応、消去しなかった一枚だけさらしてみる。

427c3f8b.jpg


そして劇場前で朝7時から11時まで並ぶことになったのですが、だんだん、だんだんと、後ろに人が並ぶ様子が見えて、面白かったですね。
あと、道行く人や、タクシーの運転手が、みんな珍しそうに列を眺めてたのが印象的。
結局、最終的には劇場の114席が完全に埋まるところまで行ったようです。

47572564.jpg

趣きのある、旧横浜日劇

舞台挨拶は、映画本編にも出演された木内美歩さん(私らの世代には、一流グラビアアイドル、といっていいくらいの人でした)が司会。
出演者同士の質疑応答になり、なにやら挙動不審の木内さんや、木内さんの「知ってるくせに知らないふり」みたいな雰囲気の質問に、内輪受けで皆さん笑いだすところが多かったです。
天野さんが、笑われる(受けを取る)ほうでなく、笑うほうに回ったのは新鮮だったなと。

あと、舞台挨拶には不参加だった増本庄一郎さん(『山手線デス・ゲーム』監督さんでもあります)をのぞくと、、ほとんどの出演者の方が天野さんよりもキャリアが若いというのも、なんというか、天野さんが主役をつとめられることへの重みを感じさせてくれます。
でも、ときおりイベントなどで天野さんが語られる、ご自身の「幽霊怖い」が、今回のロケでも出たらしく、ロケ中宿泊した自分の部屋で寝るのが怖くなった天野さんは、リビングで寝たのだそうで。
そのへんは、まだまだだなあ(笑)。
続きを読む »
楠見らんま・おとこの娘×駄菓子4コマ単行本『いとをかし』2巻 5月27日(竹書房)発売です♪ 楠見らんま単行本『みちるダイナマイト!』1月25日発売☆
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
非リア充集団がクラスメイトを女装させて彼女にしてみた|2012.11.26発売 パンなキッス3巻9/22発売!
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ